クリスマス

b0046103_17532065.jpg


何年出してないだろう・・クリスマスツリー。
活動に行く病院や老人ホームで撮らせていただいています。
ボケぼけ写真ですが☝はホスピスのツリー。
ホスピスのボラさんたちが飾りつけをされています。
オーナメントは手作りでした。

b0046103_17581273.jpg

こちらは老人ホーム!
大きくて立派です。

b0046103_1843922.jpg

こちらも老人ホーム!
見ているだけでわくわくしてくる。

オーナメントをつけるときもなぜか、わくわく。
子供のころは、白い綿を雪の代わりに枝にのせたな。
ツリーは、樅ノ木とはほど遠いような木を、裏の雑木林(他人様の)に切りに行って。

我が家の子ども達にも、クリスマスの思い出あるのかなぁ。
手先が器用な長女のサンタクロースからのプレゼント・・・
工具セット喜ぶかなと思ったんでしょうね、サンタさん。
朝起きてそれを見た時の、なんとも愕然とした顔が。
苦い思い出ばっかりかも(笑
[PR]
# by 10107a | 2014-12-15 18:24 | Comments(0)

呼び戻し

ブルーノがお世話になったガンドッグレスキューCAC市川さんにどうぞ、皆様ご支援をお願いします。


b0046103_1657033.jpg


先週、私が所属しているボランテイア団体の認定試験でした。
犬とハンドラー一緒に受けます。
優良家庭犬協会のグッドシチズンテストのような試験です。
違うのは、訪問活動の現場再現をすること。
お年寄り役の方とふれあいをしているところを判定されます。
それと、訪問活動先の控室で、異種の動物と隣同士で落ち着いていられるか・・・

8年ほど前にななと受けて一発で合格できた。
その時も、受かったらめっけもん くらいの気持ちでしたが。

落ちた理由は、ブルーノの引張りと、猫に興奮したこと。
もちろん、ブルーノが悪いわけではなく、私のハンドリング不足です(涙

試験会場に着いて、直ぐに猫の臭いを嗅ぎ取ったらしく。
今日はハアハアと興奮しているなと思ってたら、
試験の緊張ではなく、猫に興奮でした。
しかも、試験に協力してくれた猫ちゃんは、メイクーンで。
ブルーノにしたら、猫というより初めて見る生き物でしたから。
その猫を膝に乗せた人の隣に、落ち着いて伏せていなくてはいけなくて。
ブルーノ、大興奮で跳ねて、やっと伏せはさせたものの、ガン見してて。

そのあとの5メートル離れての呼び戻しは、
体と視線が、猫ちゃんのキャリーバッグを向いていたものの、
ちゃんと、私のところに走って来て・・・思わず涙が。
猫のところに行かなくて、良く我慢できたと思う。



昨日も、老人ホームでパフォーマンスをお見せするのに
この呼び戻しをしました。
「待って!」
どんどん距離を広げていたら・・・
見ていたお年寄りが
「よし!」 と言った。
で、ブルーノ、だーっと走ってきた(涙
でも、みんな大笑いで。

まだまだ修行頑張ります!
[PR]
# by 10107a | 2014-11-27 17:31 | Comments(2)

せつない

迷子センターに居た時のブルーノの写真
b0046103_122851.jpg

小学1年生の子ども達が口々に「 かわいそう 」と写真に見入ってくれた。


ブルーノがお世話になったガンドッグレスキューCAC市川さんにどうぞ、皆様ご支援をお願いします。

病気だったり、高齢だったり。
アンリは乳腺腫瘍でした。
アポロは高齢でフィラリアがありました。

なぜ、あの時は、どんなでもいいと引き取れたんだろう。
今は、名乗り出る一歩が出ない。
それが辛い。
せつないです。


ブルーノが蒔いた種が、子ども達の心にしっかりと根付きますように。
[PR]
# by 10107a | 2014-11-21 12:21 | Comments(0)

給食

b0046103_20113319.jpg


ご無沙汰しています。
9月からかれこれ、5校の小学校に動物介在活動に行きました!
その中で、活動後に給食をごちそうしてくれる学校があって♪
自校給食なので、活動中にいい匂いもしてきます。
瓶の牛乳も付いていました。
私が小学校の頃は、低学年まで脱脂粉乳でした。
なんて書くと年齢がバレバレですよね。
写真の給食、サラダに炒り卵が入っていて、美味しかったです。
すみません、写真横に直せません(涙

子ども達が5~6人のグループに分かれて、犬とふれあう時間があって。
その時間をとても楽しみにしてくれます。
ブルーノにさわった時の うわぁ~ っていう子ども達の笑顔がたまらなく可愛い!
ブルーノも大人しくなでてもらったり、手からおやつをもらったり、コマンドをきいたり。
私に協力してくれて感謝感謝です。

1年生のグループで、こんなことをしました。
「 ブルーノは3年前に千葉県で迷子になってね、
  犬や猫の迷子センターに連れていかれたの。
  でも、飼い主さんが迎えにきてくれなくて・・・
  迷子センターの人が、新しい飼い主さんを探してあげようって。
  それで、おばさんが新しい飼い主さんになったんだよ 」

最初、犬が怖いって言っていた子がすかさず
「 え! 捨てられたの? 」って言いました。
「 う~ん、わからないなぁ 」 と答えました。
1年生なのに、捨てられたって言ったことにびっくりしてしまいました。

5~6年生には、ブルーノがセンターに居た時の写真を見せて、
保護団体さんのお話もしました。

愛護の話は、あらかじめ先生に了承を得てからお話します。


大人になって、何かの拍子に・・そういえば・・って
ブルーノのこと思い出してくれたら嬉しいなぁ。
[PR]
# by 10107a | 2014-11-10 20:47 | Comments(0)

疑惑

ボランティアで行く老人ホームでの動物介在活動。
先月末、活動前の健康チエックで、メンバーの獣医さんから
「ブルーノ目が赤いからかかりつけの先生に診てもらって」と言われました。
見落としていた・・・
で、次の日病院へ。
結膜炎ではということでしたが、瞳の縁に黒いものがついているとのこと。
が、結膜炎の目薬をもらい、
ついでに、甲状腺機能低下症の検査もしてもらった。
なんせ、建物の中では大人しくてすぐにごろんと寝てしまうので、
もしかしたら、甲状腺機能低下症ではと。
違っていても、健康な時の数値がわかればいいわけで。

1週間後、結果を聞きに行ったら
甲状腺は正常値内の少し低めで、問題なし。
が、が、が・・・・
瞳に付いた黒いものはメラノーマらしいと言われました。
一週間たっても、黒いものは動いていなくて、ゴミではないと。
2次診療を進められました。

目のメラノーマは良性がほとんどだそうですが、眼球摘出もあるかも。
ネットで検索すればするほど落ち込み。
悪性だったら、アポロみたいに、手術して1年半・・余命が出ちゃうのかな。

某大学病院の予約が直ぐに取れて、行ってきました。
ブルーノは検査に奥に連れていかれて、待っていたら、
30分して診察室に呼ばれた。

「どこに黒いのがあるんですか?赤いのならありますけど・・」
「え!ここに・・」
パソコンの画面のブルーノの瞳の拡大写真を覗くと・・
ないじゃん、黒いの。
「たぶんゴミが刺さって、自力で抜けたんでしょうね。跡が赤くなっています。ゴミ、どこにもないですよ」

あんなに嬉しかったこと、久しぶりでした。
瞳の縁に付くゴミはメラノーマと間違えやすいとか・・

疑惑が晴れてよかった。

台風の風が強くなってきました。
被害がありませんように。
[PR]
# by 10107a | 2014-10-13 22:38 | Comments(2)

こんにちは!

台風が去って、ベランダから暖かい日差しが入っています。

台風で被害に遭われた方にお悔やみ申し上げます。

ふっと、古い手帳を見ていたら、こんな言葉を書き留めていました。

テレパシーは心と心のおしゃべり(心と心でおしゃべり)
非言語コミュニケーションは心と心のコミュニケーション
これは、相手を思いやらなければ成り立たない。

誰の言葉かは書き忘れていました。

絆とは、お互いに相手を思いやる気持ちがなければ結べません。


ブルーノが、私と一緒に訪問活動をしていることが、本当はどうなんだろう・・・
楽しんでいるのか、本当は嫌なんじゃないか・・・と、思い悩むことがあり
アニマル・コミュニケーターの友人に聞いてもらいました。

お願いする前に、いきなり友人から、
「ブルーノくん、もっと、僕を信頼してって言ってるよ」と。
お母さんが楽しいことが僕も楽しい    そうです。
お母さんと一緒に活動するために来たんだよ 



私もブルーノが楽しそうにお友達と遊んでいる姿を見ると嬉しくなってしまう。
私もブルーノが楽しいことが楽しいんだよ!


犬ってすごいなぁと思います。
他者を思いやる気持ちがあるんですもの。
[PR]
# by 10107a | 2014-10-06 14:17 | Comments(2)

やだ!9月もおしまいじゃん!

b0046103_10122948.jpg


8月に川遊びに行ったときに、ポンママさんに撮ってもらった写真です。
口をぎゅっと閉じて泳いでる!

泳ぐの大好きな子はものをくわえて泳いでいるけど・・
飼い主さんに聞いてみた。
くわえながら泳ぐと、川の水が口の中に入るでしょ?
「 飲んでます!がんがん 」

写真のブルーノのそばには、鶏のおもちゃが・・
投げたのに、おもちゃと確認したら、ぷいっと戻ってきた(涙




何年か前、見えないものが見えちゃう指圧の先生に言われた。
「待っていればいいんです。 向こうからやってきますから 」

友人に声をかけてもらい・・・
tumugu=つむぐ=プロジェクト の動物介在活動に参加出来た!
動物愛護の啓蒙活動をしている団体です。
念願の動物愛護の介在教育。
ブルーノが来てから、使命のように思ってきた。
ブルーノが生き証人。
嬉しかった!
ブルーノもいつになく、私の言うことをさっと聞いてくれた。
ブルーノもやりたかったことだったら・・・
きっと、そうだと信じようと思います。
[PR]
# by 10107a | 2014-09-29 10:42 | Comments(2)

8月

ブルーノ、ただいま、半年ごとのドッグ・ドック。
夕方まで帰ってこない。
病院に訪問活動する犬は、半年ごとの健康診断と
腸内・口腔内の細菌検査が必要で・・
ついでに、ドッグ・ドックもしてもらっています。

娘が幼稚園に通い始めたころを思い出します。
自分ひとりの時間が出来たのに・・・何も手に付かない。

幼稚園児のように、やっぱり、夏休みなんだから
どこかに連れて行ってあげたくて。

b0046103_1102428.jpg

写真が・・どうやっても横になっちゃう(涙
主人の実家から車で30分くらいの九十九里海岸!
台風のあとで、閑散としたビーチ。
砂浜が広くて、フランスの海岸みたい・・(行ったことないですけど、たぶん)

川も行っちゃいました。
我が家から1時間かからないで行けた!
お友達のそら&ひめちゃんのママに連れて行ってもらえた。
b0046103_115359.jpg

最近日課で、公園内に流れる井戸水のせせらぎにべたっとお腹をつけていて。
b0046103_11113277.jpg

そんなんで、本物の川でも、お腹をつけていたっけ。
でも、泳いでた~  す~っと。
かわうそのような顔して!
b0046103_11134018.jpg


はしゃいで、楽しそうだったな。

b0046103_11171134.jpg


そらちゃん、ひめちゃん、ママ ありがとう!
b0046103_111957.jpg

[PR]
# by 10107a | 2014-08-27 11:23 | Comments(8)

宿題

b0046103_1920516.jpg


今年も猛暑の夏ですね。
木陰でも暑いこの頃です。

8月はボランティアもお休みです。
ブルーノ、トレーニングの宿題をやらなくちゃいけないんだけど。
今日はいっか!  の毎日で。
とかげハンティング、せみキャッチ・・と、小学生の男の子と変わらずのブルーノ。
昆虫観察もしています。
b0046103_19464230.jpg

わかりづらいですが、鼻の前にいるのは黒い蜂のようなハエ。


ブルーノがお世話になったガンドッグレスキューCAC市川さんにどうぞ、皆様ご支援をお願いします。
1頭でも早く素敵な家族が見つかりますように・・・
[PR]
# by 10107a | 2014-08-03 19:51 | Comments(0)

安楽死のこと

「 安楽死 」で検索して、ここに来てくださる方が多いので、
私の体験が少しでも何かのお役に立てるのならと・・・・
方法とかではなく、気持ち・・・をお伝えできたらと思います。

人の価値観がそれぞれあるように、賛成意見もあれば反対意見も多いと承知しています。
受け入れられない、よく出来るよな・・とも言われました。
獣医師の先生で反対されるかたもいます。

カイロの先生に言われたこと・・・
深呼吸して客観的に現状を見ること。

残された時間が、数日から数週間なこと・・
苦しくて辛そうなのをどうにかしてあげたい。
代われるものなら代わってあげたい。
自分に出来るのは、苦しみから解放してあげること。
安楽死を決断してあげること。
なくなる直前まで、自問自答していました。
本当にいいのか・・

情けない私は、これが最後のお散歩だ・・とか、
最後の食事だ・・とか、今日が命日だ・・とか。
考えないようにしていても、ふっと思ってしまいます。
その、「 最後 」を決めたのは私だから。

肉体的な苦しみは代わってあげられないけど、
あの時の数週間精神的に、悩んで苦しんだことで、
ななの苦しみを代わってあげられたのではと思いたい。


安楽死は、愛犬の肉体的な苦しみを、飼い主が
精神的に苦しむことで、代わってあげられることだと思います。

安楽死(Good Death) - ベンジャミン先生の手紙 2
このブログを読んで、少し救われました。
ポジティブに捉えることは私には出来ませんが、
ここに書かれている「特権」も、つらさを伴う責任 なんだと思います。


今、病気と闘っている動物たちが、苦しまないで、天寿を全うできますように。
飼い主さんが、安楽死を選択しなくても、穏やかに旅立てますように。
心からお祈りしています。

そして、ななと私の体験が、どなたかのお役に立てたら・・・
少なくとも、私は、救われます。
[PR]
# by 10107a | 2014-07-17 14:49 | Comments(0)