「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

動物愛護のつどい

神奈川県動物保護センターで 動物愛護のつどい が開催され、tumugu=つむぐ=プロジェクトのお手伝いで、犬との正しいふれあい方に参加いたしました。
b0046103_21104245.jpg


センター内の広場を野外ステージにして
みゅーまるの音楽劇「ぼくの声きこえる?」が上演されました。
ステージの後ろは円形劇場のように小高くなっていて、生い茂る木々の間から殺処分された犬や猫たちが顔をのぞかせているようでした。
職員さんたちが皆さん「殺処分0のセンター」を誇りにされている様子が伝わってきました。
処分するための煙突の撤去を、他の誰よりも喜ばれていたのが職員さんだったんだなと思いました。
センターの中には、譲渡対象にならない犬や猫たちがいます。
センターの中を見せていただきました。
殺処分のスイッチがある部屋も、鍵をかけてテープで封印されているのを開けて見せてくれました。
たとえようのない臭いがまだ残っていました。

みゅーまるさんの歌も劇も、お空に昇って行ったたくさんの命と、見送った職員さんたちの魂を癒したことと思います。
[PR]
by 10107a | 2015-10-24 21:28 | Comments(0)

7歳になりました

ブルーノ 4年前の10月19日に我が家の家族になりました。

公園のベンチに座っているおじいさんたちが、ブルーノをわしゃわしゃ撫でながら
「家族?ね!家族?」と聞きました。
先日の水害で、屋根の上で柴犬を抱いたご夫婦が救助を待っていて・・
救助に来た自衛隊員が
「そちらの小さい方々はご家族ですか?」って聞いたそうです。

犬も猫も共に暮らす動物は家族。
野生動物も地球の家族。

b0046103_0141784.jpg

[PR]
by 10107a | 2015-10-20 00:14 | Comments(2)

ブルーノ 元気です

b0046103_14102583.jpg


秋になって、小児病棟とホスピスに訪問活動に行きました。
今は幸せに暮らしている元保護犬として、デモンストレーションにも参加しました。

昨年の今頃は、ブルーノが活動中やけにリラックスしてるのが気になって・・
甲状腺異常ではないかとか、活動を嫌がってるストレスでは・・と思い悩んでいました。
病気は検査で違うことがわかりました。

これが、ブルーノ   そう開き直って思ってから
ブルーノとの活動が飛躍的によくなりました。
しゃべれない人がしゃべれたり、動かない手が動いたりなんて
そんな奇跡は起こせませんが。

ただ、ブルーノがいただけで、
二人の男の人の涙を見ることができました。
ブルーノと接するわが子を見て涙したお父さん。
おうちにいる犬を不憫に思って声を詰まらせた年配の方。

抗癌治療をされているであろうお嬢さんの傍で寝そべっていたブルーノが
何を思ったか・・お嬢さんの顔をじっと見てから、
にじり寄って・・お嬢さんの膝に頭を乗せて寝てしまった。

改めて、ブルーノに教わりました。
何が一番大事かってこと。

癒やそうなんて思わないで、ただ居るだけで
相手の心を開いてしまう。
犬は凄いな・・・
[PR]
by 10107a | 2015-10-04 14:29 | Comments(4)