<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

迷子

犬の精神年齢は人間の3歳児くらいで、知能は9歳児くらいだそうです。
私は子どものころ、身近な大人に対して 疑う という感情を持たずに成長できました。
大人のすることはすべて正しくて、一緒に居ると安心できて。
安心できるということに気が付いたのは、迷子になったことがあったから。
迷子になった瞬間、知らない人が怖くなり、信じられなくなった。
安心できる人が傍にいるから、知らない人に対しても怖くなかったんだと、今思う。

捨てられてしまった犬や、親兄弟から離された子犬は、きっと
この迷子の心境なんだと思う。

マイケル・w・フォックス先生が著書「犬マッサージ」の中で、
「愛情深いふれあいはすべての社会的動物にとって、健康や成長のためになくてはならないもの」と書かれています。
人間から、愛情やふれあいを受け取らないで育てられた犬も、もしかしたら
迷子の心境ではないでしょうか。

私の大好きなブログ私に何の関係があるというのだの中の、8月10日付け「僕は賭けてもよいのですが」を、ぜひ、ご覧下さい。
ネグレクトされた犬が保護されて幸せになっていくお話です。
一度人間に裏切られた犬が、また、人間と絆を築いて行くのは、その過程も感動します。
ふっと思いました。
長い年月をかけて犬は人間に飼いならされて、人間の都合が良いように改良されてきた。
人間を信じること、恨んだりしないこと。
そんな気持ちも、もしかしたら、人間が作り上げたものなのではないだろうか・・
もしそうなら、鳥肌が立つくらい恐ろしい。

もしそうなら、そうだとしたら、
だからこそ、私たちは、守らなければならないのではないでしょうか。
安心していつもいられますように。
飼い主と一緒なら、どんな人もどんな場所も怖くない。

心が迷子の犬が居なくなりますように。
[PR]
by 10107a | 2015-08-15 12:06 | Comments(0)

殺処分0を考える

動物との共生を考える連絡会主催のセミナーに行きました。
「殺処分0を考える」です。
3人の講師の先生が、それぞれ処分0にするためには・・を話してくれました。

お話の中で印象に残ったのが
犬・猫を手放す理由についてです。
引っ越し・問題行動・病気・・・
引っ越し先がペット不可なら、なんとしてもペット可物件をさがせないのか・・
そこまで思えない犬猫との関係。
犬猫に何か問題があるのかもしれないし、飼い主の方に、
絆を築こうという気持ちがなかったから・・だからだと思う。

高齢だったり病気だったりが原因の持ち込み
痴呆による昼夜逆転の吠え声が近所迷惑となり・・
かかりつけの病院で安楽死を断られ、どうにもできずに持ち込んだ事例もあるそうです。
安易に安楽死をすべきではないのは当然ですが、
犬猫にとって、飼い主にとって最善の方法であるなら、
飼い主の責任として一般の動物病院で行われていいのではと思います。

東京都の場合、子犬の収容が年間0に近いくらいなのに、子猫は1000頭以上だそうです。
今日はこの辺で・・
[PR]
by 10107a | 2015-08-03 22:28 | Comments(0)