「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぼくの声聞こえる?

昨年の秋から、動物愛護の啓蒙活動に参加しています。
tumugu=つむぐ=プロジェクト
幼稚園や小学校を中心に、動物愛護の音楽劇などと、実際に犬にふれあってもらうプログラムをしています。私は犬とのふれあい担当で、まだ参加したばかりです。
音楽劇は、劇団四季を退団された方お二人がされます。

来月、神奈川県庁内でこの動物愛護の音楽劇をいたします。
ぼくの声聞こえる?
子ども向けプログラムで上演するものなので、普段は一般の大人は見られません。
今回は入場無料でどなたでも見られます。
3月15日 11時半から12時15分です。
保健所に持ち込まれた犬のジョンのお話です。
ただ、可哀想なお話だけではなくて、あたたかい気持ちにもなるお話です。

神奈川県は昨年と一昨年、犬猫の殺処分数が0だそうです。
処分のための焼却炉も取り壊されるとか・・
でも、犬猫の保護がなくなったわけではなくて、愛護センター登録の保護団体さんたちが犬猫を引き出されています。
ご自分の時間だけではなく、私財も投じて助けられています。
そんな方々が居てこその殺処分数が0です。

人間が変わらなければ・・
子どもたちが将来大人になった時に、自分より弱い命たちを大切にしてくれますように。
そんな願いを込めて活動しています。
活動は、皆様からのご支援でしています。
どうぞ、ご支援もよろしくお願いいたします。
[PR]
by 10107a | 2015-02-22 20:31 | Comments(0)

泣くこと

大学病院の小児病棟に訪問活動に行った時のこと・・
病室にブルーのと伺った。
指定された病室に行くと、ベットの上には1~2歳くらいの赤ちゃんがいた。
傍らにお母さん。
ブルーノを抱いて、赤ちゃんにブルーノを見せたら、
泣いた・・顔を真っ赤にして。
訪問活動担当の先生が、「正常な反応です」と笑顔で言って。
お母さんも笑っていた。
病気で体に管を付けている赤ちゃんを泣かせてしまって、私は真っ青になったのに。

活動後のミーテイングで
「赤ちゃんにとって泣くことも大切なんですか?」と聞いてみた。
「自分たちが針を刺して泣かせるのと違って、大きな犬を見て泣いてしまうのは
普通の反応です。外を歩いていて、大きな犬を見て泣いてしまうのと同じです。
ここの子どもたちは、生まれてから一度も病院の外に出たことがない子もいます。
外で、普通に体験することをここでもさせてあげたい。」
そんな願いから訪問活動を、依頼されたそうです。

お医者様が、ただ病気を治すだけではなく、そこまで考えていてくれる・・感動しました。
その願いのお手伝いが出来て、幸せだなと思います。
ブルーノは赤ちゃんにやさしく接します。
教えたわけではないのに。
ゆっくり近づいて、下がったしっぽをゆっくり振って。
犬ってやさしいなぁ・・と思います。

ブルーノを触って、ふわっと笑顔になった赤ちゃん。
その笑顔が見られただけで、どんな苦労も吹っ飛んじゃう。
子どもと犬の力はすごい!
[PR]
by 10107a | 2015-02-19 00:10 | Comments(2)

絵本

娘たちが小学生のころ、娘たちの学校の朝の自習の時間に、絵本の読み聞かせをしていました。
校長先生から「 楽しい本を選んでください 」と言われました。
「 子どもたちの中には、背負いたくないのに背負わされている苦労をしょって学校に来ています。せめて、一瞬でも、その苦労を忘れさせてあげたい 」と。
皆で笑うこと、楽しいことを共感していくと、他人の悲しみやつらい気持ちに共感していける・・
そう信じています。

b0046103_15214738.jpg


おさるのジョージ・シリーズでこんなのがあった!
おさるのジョージ こいぬをかう
ジョージが子猫を拾って愛護センターに届けるんだけど・・
センターで飼い主さんを探している子犬の里親になったお話!

マドレーヌといぬ
12人の女の子が寄宿舎で暮らしていて(その中の一人がマドレーヌ)
マドレーヌが川で溺れてしまい、レトリーバー系の野良犬が助けてくれた!
寄宿舎でこの犬(ジュヌビエーブ)を飼うんですが、毎晩誰と一緒に寝るか大騒ぎ!
ある日、学校の評議委員たちが来て、ジュヌビエーブは追い出されてしまう・・
暫くして帰ってきたジュヌビエーブは12匹の子犬を産んだ! というお話


b0046103_15363041.jpg

私の大好きな絵本
一人暮らしの貧しいマローンおばさんのところに、傷ついたりけがをしたりした動物たちが次々にやってきて・・
「 あんたの居場所くらいここにあるよ 」と、おうちにいれてあげる・・

私はマローンおばさんになれないけど、マローンおばさん、おじさん達のお役に立てたらなと思います。
けがをしたり、病気だったり、高齢だったりして捨てられてしまった動物たち・・
そんな動物たちが、マローンおばさんやおじさんたちに助けてもらわなくても、行政の力でおだやかに暮らしていける・・・そんな世の中がきっと来ますように。
[PR]
by 10107a | 2015-02-05 15:45 | Comments(0)

ねじねじ

b0046103_18373028.jpg


先週、ボランティアのお勉強会に参加
ドッグトレーナーを講師に迎えて!

途中で、トイレットペーパーをリードがわりに持って
2チームに分かれて、8の字を歩き勝敗を決めるゲームが盛り上がった!
切れずに歩けたら次の人にバトンタッチ。
切れたらやり直し・・・
ブルーノ、引張るから自信なし(涙
が、そこで思い付いたのが
トイレットペーパーをこよりのようにしたら!
強度が増すかもしれない!!
ば飼い主が思いつくことです(笑
「ねじれば強度が増すかもしれない」と、独り言を言いながら
ねじねじ・・
ふっと、顔を上げると
皆もねじねじしてた!
隣の人は、
「ちっ!切れちゃった・・だめだよこのトイレットペーパー、ミシン目があるんだもん」
ねじねじを首輪の金具に通して、さらにダブルリードに小細工!
左手の指には、溶けてきたチーズをぬりたくり・・
棄権したコの分もで、2回切らずに歩けた!
金魚すくいで2匹取れた、あの感じ!
いや~楽しかった!
[PR]
by 10107a | 2015-02-02 18:51 | Comments(0)