<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

疑惑

ボランティアで行く老人ホームでの動物介在活動。
先月末、活動前の健康チエックで、メンバーの獣医さんから
「ブルーノ目が赤いからかかりつけの先生に診てもらって」と言われました。
見落としていた・・・
で、次の日病院へ。
結膜炎ではということでしたが、瞳の縁に黒いものがついているとのこと。
が、結膜炎の目薬をもらい、
ついでに、甲状腺機能低下症の検査もしてもらった。
なんせ、建物の中では大人しくてすぐにごろんと寝てしまうので、
もしかしたら、甲状腺機能低下症ではと。
違っていても、健康な時の数値がわかればいいわけで。

1週間後、結果を聞きに行ったら
甲状腺は正常値内の少し低めで、問題なし。
が、が、が・・・・
瞳に付いた黒いものはメラノーマらしいと言われました。
一週間たっても、黒いものは動いていなくて、ゴミではないと。
2次診療を進められました。

目のメラノーマは良性がほとんどだそうですが、眼球摘出もあるかも。
ネットで検索すればするほど落ち込み。
悪性だったら、アポロみたいに、手術して1年半・・余命が出ちゃうのかな。

某大学病院の予約が直ぐに取れて、行ってきました。
ブルーノは検査に奥に連れていかれて、待っていたら、
30分して診察室に呼ばれた。

「どこに黒いのがあるんですか?赤いのならありますけど・・」
「え!ここに・・」
パソコンの画面のブルーノの瞳の拡大写真を覗くと・・
ないじゃん、黒いの。
「たぶんゴミが刺さって、自力で抜けたんでしょうね。跡が赤くなっています。ゴミ、どこにもないですよ」

あんなに嬉しかったこと、久しぶりでした。
瞳の縁に付くゴミはメラノーマと間違えやすいとか・・

疑惑が晴れてよかった。

台風の風が強くなってきました。
被害がありませんように。
[PR]
by 10107a | 2014-10-13 22:38 | Comments(2)

こんにちは!

台風が去って、ベランダから暖かい日差しが入っています。

台風で被害に遭われた方にお悔やみ申し上げます。

ふっと、古い手帳を見ていたら、こんな言葉を書き留めていました。

テレパシーは心と心のおしゃべり(心と心でおしゃべり)
非言語コミュニケーションは心と心のコミュニケーション
これは、相手を思いやらなければ成り立たない。

誰の言葉かは書き忘れていました。

絆とは、お互いに相手を思いやる気持ちがなければ結べません。


ブルーノが、私と一緒に訪問活動をしていることが、本当はどうなんだろう・・・
楽しんでいるのか、本当は嫌なんじゃないか・・・と、思い悩むことがあり
アニマル・コミュニケーターの友人に聞いてもらいました。

お願いする前に、いきなり友人から、
「ブルーノくん、もっと、僕を信頼してって言ってるよ」と。
お母さんが楽しいことが僕も楽しい    そうです。
お母さんと一緒に活動するために来たんだよ 



私もブルーノが楽しそうにお友達と遊んでいる姿を見ると嬉しくなってしまう。
私もブルーノが楽しいことが楽しいんだよ!


犬ってすごいなぁと思います。
他者を思いやる気持ちがあるんですもの。
[PR]
by 10107a | 2014-10-06 14:17 | Comments(2)