<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

リリィちゃんの近況 7/29

前回の輸血から約ひと月、血液検査の日でした。
ヘマ値は、なんと24%!
リリィちゃんも、元気だそうです。

いままでの経緯からも、次の検査はひと月後でいいとか・・
急に貧血が進まないのが、この病気の特徴でもあるんですね。
輸血の間隔がふた月くらい開いた時もあったし。
又、今回も更に間隔が開きますように。

関東地方は、又明日から猛暑が続くそうで・・
どうぞ、夏バテされませんように。
皆様、くれぐれもお体に気をつけてくださいね。

いつも見守ってくださりありがとうございます。



我が家のななですが・・・
10歳を越えて、アトピーが出て来て・・
免疫も落ちてきているのか細菌感染もしちゃったりして。

b0046103_20224628.jpg


掻きこわして、おしりの横、剃られてハゲてます。
りりちゃんと同じ病院で診て貰っていますが、6月から、ななは週に一度通院しています。
先生も同じ先生に診ていただいていますが、とても優しい先生です。

「かゆみ止めの飲み薬を3日後から一日おきに飲ませて・・」と言われ、頭の中が混乱した私を心配してくれた。
ちゃんと飲ませられるか不安に思ったんだと思います。
1回2錠を1錠に減らす時も。
2錠で包装してあった飲み残しの薬を「これ包装しなおしますね」と、言ってくれた。
でも、そこが中高年のサガ!
なぜか、むっとした~
「そのくらい、ちゃんとあげられますから。大丈夫ですよ」と。
先生も負けていない。
「だって、落としたりしませんか?」
き~っ!
電車の中で「どうぞ」と、席を譲られたカンジ。
なので、言い返しました。
「年寄りあつかいして~」って。

まだ、しっかりしてると思うんだけどなぁ。
[PR]
by 10107a | 2010-07-30 20:47 | Comments(0)

りりィちゃんの近況 7/2 元気です


b0046103_21372292.jpg


一昨日、検査の日でした。数値は12%でした。
で、昨日無事に輸血をしてもらえたそうです。
輸血後の数値は32.1%!
PCV値の平均の下限に近い数値です。
先生も、ママも驚きの数値だったそうで、とても喜んでいました。
前回、輸血でアレルギー反応が出てしまい、今回はあらかじめアレルギーを抑える注射をしたそうで、むくみもなく、今朝起きたら動きもとても機敏で、元気いっぱいだそうです。
写真は、一昨日の検査の前に我が家に立ち寄ってくれたときので、りりィちゃんのお洋服は私からのお誕生日プレゼントなんですが・・・丈が短かった(笑
我が家に来た日はヘマ値は12%で歯茎は真っ白でしたが、おやつのジャーキーは、私ににじりよって食べていました~  しっぽもたくさん振ってくれました。
この高数値が、長く続いてくれますように。
今回も供血していただいたおかげで、輸血が出来て、又元気で暮せます。
りりィちゃんの28回の輸血が、決して奇跡ではなくて、当たり前の世の中になりますように。
必要な時に輸血できたことが奇跡ではなくて、当たり前でありますように。
いつも見守ってくださるみなさん、いつもありがとうございます。
これで、又、元気に生活することが出来ました。


りりィちゃんと同じ血液の病気で、闘病のかいなく亡くなってしまった杏ちゃんというコーギーがいます。りりィちゃんの経過をブログにお知らせしていることで、杏ちゃんのママとお知り合いになれました。
杏ちゃんのママ以外にも、同じ血液の病気の飼い主さんからメールをいただくことがたくさんありました。
皆さん、
愛犬が難病だと診断され、完治が難しいと知り・・・どうにか助かって欲しくて
今の治療で大丈夫なのか、同じ病気の子たちはどんな治療で、どんな薬を飲んでいて・・・
不安で一杯なんだと思います。杏ちゃんのママもそんなお一人だったんだと思います。
そんな血液の病気を抱えた飼い主さんの為に、杏ちゃんのママが、お友だちとサイトを立ち上げました。幸せなしっぽのために~ 免疫介在性溶血性貧血に負けない!
きっと、同じ血液の病気で不安で一杯の飼い主さんたちの救いとなるサイトだと思います。
ご自分の経験から、そんな飼い主さんと、病気の犬達のお役に立てたらと立ち上げられたサイトです。
経験者だからこその、書かれている言葉の重さが伝わってきました。
りりィちゃんを見守っていてくださる皆様も、どうぞ、こちらのサイトに書き込まれた闘病している子たちも、応援してくださいね。
もし、お知り合いで血液の病気で戦っている子が居たら、どうぞ、教えてあげてください。

又、りりィちゃんのおかげで、感動をいただきました。
ありがとう。
[PR]
by 10107a | 2010-07-03 22:18 | Comments(2)