<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

値引きシール

最近、とんとコンビ二から足が遠のいて、99円ショップにはまっている。
コンビ二で売ってるものも99円なんだもん。
で、感激したのが・・・
値引きシールがついてる♪
おにぎりに「50円引き」シールが!
ってことは、49円じゃないの!
カウンターの焼き芋にも「50円引き」シールが・・・
そんなんで、毎回1000円近い買い物をして、私、3キロ太りました。
これって、お徳なんだろうか・・・


最近思いついたギャグをひとつ・・・・


福田さん、ワシントンに行ってたんだってね。
訪米か!

ダメ?



シエルティのまりいちゃん、至急輸血が必要です。
20キロ程度の男の子は未去勢可、女の子は避妊済みで8歳位までの健康な犬の飼い主の皆様、どうぞ、輸血にご協力お願いいたします。
詳しくは↓
供血の輪
[PR]
by 10107a | 2007-11-23 22:32 | Comments(2)

主治医

アンリの主治医だった先生は、自宅の電話番号も教えてくれて、往診もしてくれた。
高齢になったら、辛い治療はやめて、痛みを取り除くことだけして、あとは、好きな物を食べ楽しい時間をすごさせてあげて・・という考えでした。
生後2週間の仔猫を拾ったときも、自宅に連れ帰り、3時間おきに夜中もミルクを飲ませてくれた。

アポロがお世話になっている今の先生は、勉強熱心で知識も豊富で・・前向きな新しい治療方法を教えてくれる。
犬は年4歳、歳を取るから、だから10歳過ぎたら年4回の検査が必要だと教えてくれた。

その先生に、アポロの検査は血液検査だけでいいと伝えることは、とても言いにくかった。

先生がポツンと・・
「哺乳類の寿命って、鼠とかは2年足らずで短いけど、大型になればなるほど長いですよね。
なのに、犬の場合は、小型犬の方が長いじゃないですか。可笑しいと思うんですよ。犬だって大きい方が長生きするはずだと思うんですよね」

なぜだか解らないけど、この言葉に救われた気がした。

シエルティのまりいちゃんが継続して輸血を必要としています。
どうぞ、協力してあげてください。
お願いいたします。
詳しくは↓のサイトをご覧ください。
供血の輪




2年前に亡くなった友人の忘れ形見のミッキーです。
一昨日の夜に、パパのところに行ってしまいました。
アポロを見送ったら、我が家に引取りたいと思っていました。
甘え方の不器用な、とても可愛い男の子でした。

b0046103_1454669.jpg

[PR]
by 10107a | 2007-11-21 14:29 | Comments(4)

ボーダーライン

b0046103_1154234.jpg


ごはんの時以外は表情も乏しく、すっかり爺さんになってしまいました。
ご飯の時は異様なくらい興奮します。

定期検査のレントゲンと心電図は、もうやめにしてもらいました。
4人がかりで押さえつけられて・・そうとう嫌なんだと思うから。
血液検査だけにしてもらいました。
その途端、検査項目の中のアルカリフォスファターゼの数値が100から一気に1000に。
クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)の疑いがあって、精密検査をしてもらいました。
結果、疑いは晴れ、お薬がもう1種類増えただけで済みました。

あの異様なごはんの時の興奮は、一体・・・
先生曰く 「犬種独特の特徴で、興奮しやすい犬種ですから、今までは躾とかで抑えられていたのが、たががはずれたのかもしれないですねぇ」  だって。
あぽがスプでもブリでも納得できる説明なのかも(笑

先生が痴呆のチエック項目のことを話し始めた。
「例えば、ぐるぐる廻り始めるとか・・」
あぽ、話しの最中、立ってる私の周りをずっと廻っている。
ま、我が家に来た時からボーダーライン上には居たんですけどね(笑

シエルティのまりいちゃんが継続して輸血を必要としています。
どうぞ、ご協力お願いします。
まだ7歳で難病と闘っています。
供血の輪
[PR]
by 10107a | 2007-11-14 12:37 | Comments(2)

お元気ですか?

b0046103_1120308.jpg


写真は、キッチンに入れないように立てかけたフェンス越しに見てる・・・あぽ。
横から見ると口元がこんなになってて・・酷い時は前歯と歯茎も見えてて・・
ずっとこんな顔に見つめられながら、ご飯の支度をしています。

先月の末、動物介在教育の見学に小学校に行ってきました。
3年生全員、50人ほど。
デモンストレーションが終わると、グループになって犬達を囲んで自由に触ったり出来ます。
その中で、犬が怖いと言う5人の子ども達のグループに参加しました。
動物病院の先生がミ二・ダックスを連れて輪の中に居ました。
触ることも出来ない子達でした。
見学は犬なしなので、私は友人にいただいた小さなスプリンガーのぬいぐるみを持っていきました。ぬいぐるみが役に立ち、まず、ぬいぐるみに犬との挨拶の仕方をシュミレーションしてもらいました。
その後、先生がクイズ形式で「犬には肉球がいくつある?」ってやりながら、少しずつ、触らせていく。
最期には、全員がダックスを抱っこできるようになってた!
子どもの順応性の早さって凄いなと感じました。

子ども達の中で・・・
最近ゴミ箱の中で鳴いていた仔猫を拾って育てていると教えてくれた子。
横浜まで、子犬を貰いに行って、(どうやら、千葉の野良犬が産んだ子犬らしく、お母さん犬はまだ、野良のままらしい)今日、赤ちゃんが産めなくなる手術から帰って来るんだよって教えてくれた。
そんな話も聞けて、見学できて本当に嬉しかった。
この学校では、毎年、1年生対象にこの取り組みをしてくださることに決定したそうで、私も、次回はななと参加するつもりです。


昨日はななと都内まで、供血に出かけてきました。
7歳のシエルティで、自分で血液が作れない難病にかかっています。
継続的に輸血が必要です。
どうぞ、お力添えお願いします。
供血の輪
病院は駒沢公園の近くです。

帰りに公園でソフトクリームをご褒美にご馳走しました。
ドックランにも寄って、見ず知らずの大型犬達に混じって(皆さん、常連グループらしかった)おやつまで頂いてきました!ランに入ると、犬達が私の所にも挨拶に来てくれて嬉しかったな。

どうぞ、供血の協力、呼びかけお願いいたします。
[PR]
by 10107a | 2007-11-08 11:59 | Comments(4)