<   2005年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

肉の日

b0046103_001652.jpg


毎月29日は肉の日。
でも、今回は、いい肉の日・・・
いつものスーパー、ポイントも2倍でした!

レジで並んでると、私の後ろに、若いお母さんと3歳くらいの坊やが・・・
じっとしてないで、ちょろちょろ・・・の坊や。
そこらへんのものを手にとっては、お母さんに叱られてる。
お母さんの脅し文句
「店長さん、呼ぶよ!」
その一言で、しゅんとなった。

私も子ども達を脅して来たな・・・今でも!
「かっぱがおへそ取りに来るからねっ!」とか・・・
「透明人間になって、誰にも気が付いてもらえなくなるんだからねっ!」てのも。
最近は
「親になってくれる人を探して、養女にしてもらって!」
「保護者としての責任は負えません!」

昔の脅し文句は、可愛かったな。

私?
私の小さい頃は、母から・・・
「サーカスに売られちゃうよ」    だったかな・・・・
[PR]
by 10107a | 2005-11-30 00:12 | Comments(6)

ボツ写真・・・

急に動くな!
b0046103_12162631.jpg

殺気
b0046103_12201675.jpg

現行犯
b0046103_12374851.jpg

謎の手
b0046103_12403937.jpg

バターナイフの・・・
b0046103_12533584.jpg

上げ・・・
b0046103_12535653.jpg

下げ。
b0046103_1254936.jpg

[PR]
by 10107a | 2005-11-28 13:00 | Comments(3)

おもいやり

アニマルセラピーとは何か
の中の一節に  動物のおもいやりとは  という項目がありました。
社会性のある動物は障害や病気、または成熟していない相手には攻撃しないという、動物学者モーリス・バートンの「動物に愛はあるか」から引用されています。
どうしてかというと、障害や病気、未成熟の犬は正常な信号を発することが出来ない。
その信号とは、フェロモンだったり、嗅ぎあうなどの行動だったり。
子どもに対しての反応としては、社会性のある動物の場合は保護してしまう行動になる。
相手のかなり微妙な信号や反応に対してまでも目を配り続けている、この行動が思いやりととらえられる行動である・・・と書いてありました。

社会性のある動物、犬は人間を群れとみなしてるので、人間に対しても、同じような思いやり行動をとれるのでしょうね。

お友達のはるさんのところのGRのレイナちゃんもそうです。
はるさんの赤ちゃんに寄り添って守ってる。
もちろん、今まで、はるさんに沢山の愛情を貰ってるから、だから、赤ちゃんに対しても愛情を持てるんだと思う。

お散歩仲間で、赤ちゃんをベビーカーに乗せてGRを連れた若いお母さんが居ました。
ベビーカーに誰かが近付くと、そのGR,遠くに居てもさっとベビーカーの傍に戻ってくる。

以前見たテレビで。
聾唖の若いご夫婦が、一歳未満の赤ちゃんとイルカの居る海に入ったら、
野生のイルカが集まってきて、海底から海草を咥えて持ってきて、人間の居るほうに投げた!
イルカの赤ちゃんは、海草で遊ぶんだそうです。

ななが活動しているホームの系列のグループホームでは、コーギーが飼われているそうです。
そのコーギーが、一人の入居者のお部屋の前から動かなくて・・・
その方、具合が悪かったそうです。
具合が悪いのが判るのか、そんな時は、必ず、ドアの前に居るそうです。

癲癇発作が起きる前に、発作を予知する犬ってのも、テレビで見ました。

犬は人間を群れとみなしてる。
人間も群れの一部として、ちゃんと犬を見てあげなくちゃ。
犬に、してもらうばかりで、申し訳なく思ってしまうのです。
[PR]
by 10107a | 2005-11-26 21:40 | Comments(0)

仔犬が来ました!

b0046103_18501450.jpg

残念でした!  あぽでした!
シャンプーしたついでに耳のしょぼ毛を切りました。
私が切ったので、ザンギリです。
しっぽの伸びたとこも切りました。増々短くなった。
b0046103_18525839.jpg

ななは先週、まっくちゃんに出張トリミングしてもらいました。
b0046103_1995372.jpg

変な写真で、マックちゃんごめん!
寝方が可愛かった~
顔・お尻・足先をトリミングしてもらいました。
ナイフで下毛も削いでもらった~
ふかふかの軟らかい毛がたくさん取れました。
少し、スリムになったかも!感謝!感謝!




アポロはスヌードはいらなくなったけど、欲しい方はこちらで・・・


仔犬を見るといいな~と思う。
無垢なままを、又、育ててみたいな。
でも、次も、次も、次も
成犬の保護犬と暮したい。
[PR]
by 10107a | 2005-11-26 19:41 | Comments(0)

多頭飼育

躾けの先生に言われたこと・・・
アンリとアポロを家族に迎えた時に、その都度、見てもらい相談しました。
「多頭飼育は、犬にとってもいいことです。でも、そのこが来たことで、
家族も、先住犬も、その犬も、皆が幸せになれなかったら、良いことをしたと言えなくなるでしょ」

昨年まで里親会のお手伝いをしていました。
いろいろな保護団体が集まり、里親会を開催していました。
個人の持ち込みもありました。
お一人で、シエルターも作り、犬や猫を100頭近く、保護されている方が居ました。
凄いなと、とても尊敬しました。

でも、金銭的にも苦しくなり、ご自身の体の不調もあり・・・
保護された犬達の生活も、目が行き届かなかったり。

手助けするべきなのか、とても悩みました。
困ってるなら助けるべきなんだけど、踏み出せませんでした。

センターから助け出されて保護された子達。
病気や高齢な子達は、里親が決まりません。

命は救われたけど、その後の生活はどうなんだろう。
生かされてるだけではないか・・・
助けた以上は、その命にも責任を持って欲しい。
持てないのに人を当てにして、保護するのは無責任ではないか。

そんなことを悶々と考えてしまいました。

そう思うなら、手伝えばいいに決まってる。
でも、踏み込めませんでした。
里親会も、その方のサポート団体に変わり、私はお手伝いを辞めました。


ある、単犬種レスキューを一人でされてる方と知り合えました。
寄付も一切受け取らずに、こつこつと、保護して健康にして、里親を探して。
その方に言われました。
「助けられた後の生活が過酷なら、可哀想だけど、センターで数十秒間苦しんだほうが
よっぽど、楽なんじゃないかって思います。その後の苦しい生活の長さと比べたら」

犬達の事を考えたら、一匹でも多くの命が助かって欲しい。
助けられた子が皆、病気があれば治療してもらえて、家族として、愛情を一杯もらえて、
最期を安らかに見送ってもらえたら・・・

助けた命に責任を持ちたいから、私は、これ以上は保護も預かりもできません。
保健所の子達の写真を見ると、とっても辛いです。
実際に目の当たりにしたら、無理でも助けてしまうんだと思う。
だから、踏み込めない。
でも、どうにかしてあげたい・・・
そんな矛盾だらけです。
[PR]
by 10107a | 2005-11-24 21:04 | Comments(3)

甘え下手

b0046103_1045996.jpg

抱っこしてもらうのが好きななな。
でも、座ってる時じゃないと、21キロは抱っこできません!
トトも抱っこが大好き。
シャンプーしてると、隙あらば、腕によじ登って来るし・・
公園に行って、他所のワンコが怖いトトは、私の足をかりかりして抱っこをせがむ。

トトもななも抱っこすると、くた~っと全身の力を抜いて寄りかかる。

アポロは抱っこさせてくれません。
無理やりすると、昔やってたハトヤの大漁苑のCMみたいに、腕の中で大暴れ!
でも、甘えたい。
鼻で私の手をしゃくりあげて、撫でて・・ってするし、
頭を下げて、私の胸に体当たりしてくる。
不器用な男ですから・・・甘え方を知りません。
小さい頃から、たくさん抱っこされたりしてたら、アポロも違ってたんだろうな。
b0046103_116465.jpg

[PR]
by 10107a | 2005-11-23 11:07 | Comments(2)

カメラ目線

トトの集中力・・・
あぽがこんなでも
b0046103_13281618.jpg

こんなで
b0046103_13295040.jpg

さらに こんなでも
b0046103_13301993.jpg

どんなとこでも
b0046103_13383188.jpg

カメラ目線・・・・
b0046103_13332439.jpg





かわいいスヌードあります♪
[PR]
by 10107a | 2005-11-18 13:39 | Comments(5)

病院に行ってきました

b0046103_13433149.jpg

アポロのフィラリア症の薬を貰いに行って来ました。(気管支拡張剤)
先日撮ったレントゲンでも、3ヶ月前に比べ、肥大してた心臓が小さくなってきてること、それと、心臓の音も、とても良くなってると言われました。
フィラリアが体の中で死んでから数年して、腹水が溜まるとか、心不全になるとかの症状が表れるそうです。
アポロは今は元気なので、又、半年してレントゲンを撮って様子を見ようということになりました。
大きな病院での精密検査や、セカンドオピニオン(正確にはサードオピニオンかな・・)もずっと考えていました。
でも、アポロが高齢なことがネックにあって。
自分だったらどうして欲しいかなと考えました。
今の生活が送れることが一番の幸せかなと思いました。
対処治療しか出来ないかもしれないけど、入院だけはさせないで家で過ごさせてあげたい。

今の元気な状態がずっと続いて、天寿を全うできますように。
b0046103_1491147.jpg


8歳になったトトも血液検査をしてもらいました。
高脂血漿以外は問題なし。治療もさしてしなくていいそうで・・・
先生曰く・・・
「この子は、玄関のベルが鳴ると一番に吠えながら飛び出すでしょ。
そういう何時も神経がピリピリしてる子は血が濃くなるんだよ」
えぇ~!
ま、当たってるけど。
多分、運動不足が大きいのかな。
夏の間はほとんどお散歩連れて行かなかったから。

先生の言う通りなら、私の血はさらさらなんだろうな!
何時も、ボーッとしてるから・・・
[PR]
by 10107a | 2005-11-17 15:16 | Comments(0)

IQテスト

b0046103_1153513.jpg

某BBSで、入れ物の中に入れたおやつを何秒で(どうやって)取り出すかって話題で賑わっていたのを思い出し・・・我が家も挑戦!
b0046103_11584542.jpg

あぽ、既に脱落。   興味なし・・・
b0046103_1201370.jpg

なな、救いを求める眼差し・・・
b0046103_121457.jpg

トトだけがやる気満々で、ななは応援する側にまわった!
b0046103_12216.jpg

トト、前足でかりかりかりかり・・・おっ、イケそう!
b0046103_1225796.jpg

見事にゲット!
が、トトの凄いところは、取れたおやつはほっぽっといて、2個目に挑戦!
取れたおやつはななのお腹の中に消えた・・・
b0046103_1225449.jpg


我が家にあった「デキのいい犬、わるい犬」という本の中に、
服従・作業知能における犬の順位    というのがあったのを思い出した。
1位  ボーダー・コリー
2位  プードル
3位  ジャーマン・シエパード
      ・
      ・
13位  イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
      ・
19位  ブリタニー・スパニエル
      ・
      ・
      ・
27位  ヨークシャー・テリア


う~ん、確かに、トトに取らせて、自分はおやつを苦労せずに食べれたんだから、
スプリンガーは賢いのかも(笑





しつこいようですが、ご協力お願いします!
スヌード、かって~
[PR]
by 10107a | 2005-11-15 12:17 | Comments(2)

山中湖プチオフ会

b0046103_22163017.jpg

今日は、ブリタニーのジャン君の山中湖のお家に遊びに行ってきました。
御殿場に着いた頃から、お天気も良くなってきて、富士山もこの通り!
紅葉も真っ盛りでした!
ジャン君のお家のお庭は、自然の中のドックラン!
アポロもななも嬉しそうに走り回っていました。
b0046103_22183973.jpg

ブリタニーのバードちゃんもジャン君もアポロもななも毛色がレバー!
ブリタニーのレバーは少ないそうです。
b0046103_2220185.jpg


お昼は歩いて5分くらいの、同じくブリタニーのミヨンヌちゃんのお家で
お手製のピザをいただきました!美味しかった!
b0046103_22213346.jpg

食事中は、皆は外・・・
ジャン君が前足でドアの取っ手を引っ掻き、バードちゃんが鼻でこじあけるといった連携プレーで、この後、部屋の中に!

ミヨンヌちゃんのお家のセッターのまいちゃんに、一目惚れのあぽ!
b0046103_22271470.jpg


なな 「歳を考えなさい!歳を!オヤジには叶わぬ恋なんだからっ!」
b0046103_22293963.jpg

[PR]
by 10107a | 2005-11-12 22:29 | Comments(6)