<   2004年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

1年かかりました

b0046103_13374154.jpg

アポロの「お手」です♪
決して私がもちあげたんではありません!

どうやっても「お手」だけはしてくれなかったの。
それが、つい最近、出来るようになったア~
してくれた時は、すごく嬉しかった!

今日、ワクチン接種にかかりつけの動物病院に行ってきました。
血液検査とレントゲン(胸部)もしてもらったけど、異常なし!
フィラリア症で肺が少し汚れてるって。(屍骸が肺に溶け出してるから)
春に撮ったのより、背骨とかもくっきりきれいに写ってた。

ワクチン、8種でお願いしてます。
山に連れて行ってあげたいなあ・・・・・・

しかし、あぽの飾り毛は貧租だな。
こころちゃんあたりに頂いて、付け飾り毛なんていいかも!
[PR]
by 10107a | 2004-11-09 13:52 | Comments(0)

マウンティング

b0046103_22294164.jpg

写真は、あぽが我家に来て間もない頃・・・逆になろうものなら、なながぶちキレて怒ってた!
最近は、家の中では、あぽ君が優勢。でも、ベランダに出るとななが強くなる。

今日は午前中、あぽとななのシャンプーをしました。
ななをドライヤーで乾かしていると、必ずあぽがななの体を舐めてる。(雨に濡れた時も)
その逆はないんだけど・・・・
ほほえましいなあと思ってると、いきなり、あぽがマウンティングしようとするし!

最近、アポロはあぽ君、トトはとっちゃん、ななはやっぱりななって呼んでる。
私の実家では、姉夫婦も母も姉の子ども達と猫は全て「ちゃん」付け。
でも、我家の娘達と犬達は呼捨て!なんなの~
でも、私は義理の兄のことを娘達に「おいちゃん」と教えこんだので、いまだに「おいちゃん!」と呼んでいます!

お散歩でギグルちゃんに会った!くりんくりんで可愛かったな・・・・・
まりちゃん(ももちゃん)の里親さんがメールをくれてシートでおトイレが、完璧になったとか。良かった!ほんとに良かった!
[PR]
by 10107a | 2004-11-07 23:03 | Comments(0)

わがやのつぶやき

b0046103_21454663.jpg
最近の家族のつぶやき・・・・・

美寿々    「おかあさんもタグ覚えようね」
(PCの師匠、タグ打ち職人。現在、修学旅行でヨセミテ国立公園に行ってる。大雪山国立公園で十分だと思うんだけど。)
美寿々    「落ちないか祈ってて!あ、今までお世話になりました」
(搭乗手続きの前にくれたメール。お返事は「もっと、保険かけとけばよかった」)

ダンナ     「援交と間違えられちゃった♪」
(娘達と映画のレイトショーに行った時、入り口の係りの人に「親子ですか?」と、聞かれたらしい。そんなに嬉しいもんかなあ?あ~あ、男の子産んどくんだった!)

茜       「どうしてお父さんと結婚したの?よ~く考えてからすればよかったのに。」
(返事は「やっぱし~、そう思う?」  でも、誓って子ども達にはダンナの悪口は言ってません!一度も!でも、遠回しに言ってるのかもな。子ども達が小さい時は、言う事聞かないと「あ!言う事きかないとお父さんみたいになっちゃうよ!」ってよく脅かしたからな。そしたら、「やだ~」って、泣くんだよ。具体的にああなっちゃうとか、こうなっちゃうとか言ってないのに。何が泣くほどいやだったんだろう?疑問だな。)

私        「寒いと思ったら、9度しかないんだあ~」
(八ヶ岳の道の駅にあった電光掲示板を見て。傍に居たともちゃんが 「それ、時計でしょ」 9時58分だった・・・・)
[PR]
by 10107a | 2004-11-06 22:19 | Comments(0)

アポロのこと

去年の今頃、ドキドキしてたんだな。
無事にアポロが保健所から出てこれるのか・・・・・
保健所の玄関から出てきたとき、エランママと手を握り締めて喜んだっけ。

皮膚病って聞いてたけど、皮膚がただれて赤くなったりしてるのかと想像してたから、アポロを見てホッとしました。でも、エルママは「かわいそうに」って涙ぐんでた・・・・

恩人のびえるさんが撮ってくれた出所直後の写真です。
b0046103_12442944.jpg


この先どうなるのか不安で一杯でした。
家に連れてかえっても、吠える、繋いだ家具をひきずる(笑)
座卓に突進してくる。オシッコ、ウンチは好きなところにする・・・・
お散歩は引っ張り、ジグザグに歩く!
お座りもなんにもできないし。

でも、引っ張る意外はみんなクリアして、「アポロ」って言うと私の顔を見てしっぽも振ってくれる。(盗み食いクリアしてなかった)
「おいで」って言えば来てくれる。
それだけでも十分です、もう。
あとは、ずっと一緒に居られたら。

この時、支えてくれたみなさんの事を、決して忘れません。
今でも、感謝の気持ちで一杯です。
だから、私も、恩返しのつもりで、出来る範囲で愛護活動をしていけたらと思っています。
どうぞ、これからも、私たちのことを暖かく見守ってください。
[PR]
by 10107a | 2004-11-05 12:49 | Comments(0)