進歩

今日はななと供血の申し出をした日本小動物がんセンターまで行ってきました。
患犬は11歳の男の子です。
よくない状態でしたが、先週、輸血して、快復の兆しが見えてきて、今日はしっかり立ち歩き外におしっこにも出られたそうです。
飼い主さんは千葉県の九十九里の近くから、毎日、埼玉県の所沢の病院まで通われています。

が、残念ながら、なな、供血できませんでした。
理由は血が濃すぎる! 赤血球数が多すぎた為で。
患犬のアルバートくんは、血小板を必要としていることから、ななの血だと、あまり採れないので、ななは次回、貧血などで必要としている子に供血することになりました。
貧血の子にしたら、咽から手が出るほどの魅力的な血だといわれました・・・・

血液を赤血球と血清に分離できる器械を購入したそうです。
今までは、どちらかを必要としてる場合でも、血液全部を輸血してきたわけですが、これからは、血液を固めるのを目的とした輸血なら、血小板だけ使えば、赤血球は他の患犬に廻せるとのことです。
が、血小板は冷凍保存できるけど、赤血球は冷蔵で2週間しか持たないそうです。
それもあり、ななは今回供血してきませんでした。

癌センターでも、供血ボランティアを登録していて、緊急に駆けつけなくても、必要になりそうなのを前もって把握して依頼する・・・そんなシステムが出来始めているそうです。

一般病院では、なかなか、輸血するまでの手術は行わないので、供血と言う言葉も知れ渡っていません。(自分の犬が輸血を必要として知ることもほとんどだと思います)

アルバートくん、まだまだ、輸血を必要としています。
どうぞ、ご協力をお願いいたします。

血液検査や健康診断をしてから血を採るので、回数も年2~3回であれば、供血犬の健康には特別問題ないと思います。




[PR]
by 10107a | 2006-08-16 22:54
<< 神様からのプレゼントの時間 区切りの日 >>