動物愛護のつどい

神奈川県動物保護センターで 動物愛護のつどい が開催され、tumugu=つむぐ=プロジェクトのお手伝いで、犬との正しいふれあい方に参加いたしました。
b0046103_21104245.jpg


センター内の広場を野外ステージにして
みゅーまるの音楽劇「ぼくの声きこえる?」が上演されました。
ステージの後ろは円形劇場のように小高くなっていて、生い茂る木々の間から殺処分された犬や猫たちが顔をのぞかせているようでした。
職員さんたちが皆さん「殺処分0のセンター」を誇りにされている様子が伝わってきました。
処分するための煙突の撤去を、他の誰よりも喜ばれていたのが職員さんだったんだなと思いました。
センターの中には、譲渡対象にならない犬や猫たちがいます。
センターの中を見せていただきました。
殺処分のスイッチがある部屋も、鍵をかけてテープで封印されているのを開けて見せてくれました。
たとえようのない臭いがまだ残っていました。

みゅーまるさんの歌も劇も、お空に昇って行ったたくさんの命と、見送った職員さんたちの魂を癒したことと思います。
[PR]
by 10107a | 2015-10-24 21:28 | Comments(0)
<< 宮沢賢治がいたら 7歳になりました >>